Top > 注目 > 看護職の人がジョブチェンジする動機

看護職の人がジョブチェンジする動機

看護職の人がジョブチェンジする動機としては、キャリア開発としておくのが賢明です。元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、不利な条件で働いていた等々、不満を転職理由にしてしまったら、不本意な評価をされかねません。

たとえ本音がそうだとしても素直に明かす意味もありませんので、建設的にキャリアを積もうとしているということを述べるようにして下さい。看護師の転職を上手くいかせるには、これからのことを考察して出来るだけ早く動くことが大切です。また、何に重きをおくのかを固めておいた方がいいでしょう。


これからどうなりたいかをはっきりして、その将来像に合った次に働く先の情報を少しずつ収集してください。



一年の収入、職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件もいくつか出しておきましょう。看護師の勤め先といえば、病院という想像が一般の考えでしょう。



しかし、看護師の資格を使える職場は、病院だけでなく色々とあります。保健所では、保健師と連携し、地域の住民の健康上の色々なケアをするのも看護師の務めです。それに、福祉施設には医師が常に居るところは少なく、大概の医療行為を看護師が行います。
看護師という職業は、過酷な仕事です。

夜の勤務も交代で務めなくてはいけませんし、病院の方も経営が厳しくて、わずかな人数で業務をする以外にないところも多いです。過労でウツになってしまう方も多数存在し、辞める割合も高かったりします。
よく看護師は白衣の天使とよくいわれていますが、実際、こんな激務をこなしているのは、まさに天使だといえます。


ナースが仕事を変える時のステップとしては、最初に希望する給与や労働時間、保険、休暇等の条件をクリアーにしておくのが大切です。泊まりでの勤務は荷が重い、休みの日が減るのは困る、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、リクエストには個性があります。看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもありますから、不満がたまるような勤め先で頑張り続けることはありません。


日本全国の看護師の年収は平均して437万円ほどです。
しかしながら、国立、私立、県立等の公立病院勤務の看護師は、公務員として働いているため、平均年収は593万円ほどになります。公務員看護師は給料の上がる率も民間病院と比較すると高く、福利厚生もきちんとしています。
準看護師の待遇をみてみると、看護師と比較すると平均年収が約70万円低いです。
看護師の人が転職に思い至ったケースでは、今現在、行っている仕事を続けながら転職先を探そうとすることもあると思います。

ただ、仕事を続けながら転職先を探すとなれば、十分に求人情報を吟味する時間も余裕もないなどのケースも出てきます。そこで、看護師の転職サイトを用いると、自分自身の要望とマッチした勤め先をみつけられますから、利用価値があります。一般的には、看護師は激務だと考えられています。これは最近の病院における雇用体制の問題が原因で、慢性的に人手が足りない状況により勤務時間が長くなってしまう傾向がみられるためです。

勤務時間の長さに加えて、1ケ月に何回か組み込まれる夜勤がありますから、普段から、疲労とストレスを抱えている看護師が多くなるのでしょう。看護師の仕事内容には、どのような業務があるのでしょうか。

朝の間に、昨日の夜勤の担当者より、患者さんの様子を聞いて、業務の引き継ぎをします。
これは、夜勤から日勤の交代において必ずする「申し送り」といいます。それを済ませてから、入院中の患者さんのバイタル測定を行って、必要であれば、清拭や入浴介助をします。

長期間、看護師として働く場合、比較的楽だと思われているのが、外来勤務でしょう。
人の命に影響するということでの責任は違いはありませんが、夜に働く必要がない、休日がとりやすいというような理由で外来勤務を希望する方も増加しています。葉酸 店

注目

関連エントリー