Top > 私は個人再生を申し立てたことで住宅ローンの返済が相

私は個人再生を申し立てたことで住宅ローンの返済が相

私は個人再生を申し立てたことで住宅ローンの返済が相当楽になりました。これまでは毎回返済するのが困難だったのですが、個人再生で手助けを得られたことで相当返済金額が減り、伸び伸びと生活していけるようになりました。


積極的に弁護士に相談して本当に助かりました。もし、任意整理をしたとしても、デメリットなんてあまりないと勘違いされがちですが、実際のところはしっかりとあるのを知っていますか。

それは官報に載るということです。簡単に言うと、他人に知られてしまう可能性があります。
これが任意整理のもっとも大きなデメリットだという風に言えるかもしれません。借金が返せなくなった場合に、返済義務のある人は、弁護士を通して債権者と相談して、返す金額を調整します。

これが任意整理と呼ばれるものですが、任意整理になる場合に、銀行預金が、凍結されることがあります。


銀行にお金を預けている場合は債権者への返済にあてられてしまうので、そうなる前に引き出しておきましょう。銀行からお金を借りている時は、自己破産を申請するとその銀行口座をストップされることがあります。

だから、前もって残金を手元においておいた方がいいです。



銀行はリスクマネジメントを行い、口座を凍結してその預金をロックしてしまいます。
口座を凍結するのはやりすぎだと思うかもしれませんが、銀行側にとっては、反論を受け付ける必要はないことです。
債務整理には再和解というのがあったりします。再和解とは、任意整理の後に、再び交渉して和解することを意味します。
これは出来る時と出来ない時がありますので、出来るか否かは弁護士に相談した上で決めてください。



債務整理にはちょっとした難点もあるのです。これを利用するとクレジットカードなど、お金を借りることが不可能になります。

要は、お金を借りることができない事態となってしまい、現金だけでショッピングをすることになってしまいます。


これはとても厄介なことです。
借金の額が多くなり、もう自分の力での返済は難しい場合に、債務整理をすることになります。
借金の額が多く返せなくなってしまった人は弁護士事務所や司法書士事務所で話を聞いてもらいましょう。

そして、あとは裁判所で、弁護士と債権者、裁判官が解決策を話し合います。



月々、いくらなら返せるかなどを検討し、その後の毎月の返済額が決定されます。



自己破産は特に資産がない人では、簡単な手続きですみますが、弁護士を頼らないと自ら手続きをするのはとても厳しいです。
自己破産に必要な費用は総額約20~80万円と高額ですが、この費用は借金でまかなうことは不可能なので、ちゃんと確保してから相談する必要があります。

債務整理を経験した情報は、かなりの間、残ります。
この情報が存在する間は、新たに借入をすることが不可能です。
情報は何年かで消えますが、それまでは見ようと思えば誰でも見られる状態で残ってしまいます。
個人再生には何個かの不利なことがあります。一番大きいのは費用が高いことで、減額した以上に、弁護士に支払う金額が多かったという事例もあります。また、この手段は手続きが長い期間となるため、減額適用となるまでにたくさんの時間を要することが多々あります。

借金 相談 徳島県
関連エントリー